2017年04月26日 (水) | Edit |
またまたお久しぶりでございます。


正直気持ちは上がったり下がったり。
体調も上下して、不安定な部分はあるのですが、
それでも心機一転、色々とやってみようと思ってますのよ。


これまでにも何回か記事の更新をしようと思い、
ログインしようとしたのですが、
何故かパスワードが使えない事が多々。

前回も4月4日にパスワードの変更を行ったのに、
今朝ログインしようとしたら出来ない。
パスワードを変更した際に届いたメールは、
ちゃんと保管してるので、間違いは無いはずなのですが。
ログイン出来ないものは仕方ないので、
再送の手続きをしました。

それで送られてきたパスワードを確認すると、
以前に使っていたパスワード。。。のような気がする。。。
(この辺は記憶がかなり曖昧なので自信がありません。)

取りあえず今日はこのパスワードでログイン出来たけれど、
次回ログインできない場合は、ここの利用も考えなければいけないと思っております。


久々にパソコン使って記事を書いてますが、
画面の字が非常に見えづらい。
文字を拡大して入力しています。
老化の波がひしひしと迫ってきております。

今日はこんな事を書きたい訳では無かったのですが、
パスワードのゴタゴタで力尽きました。
それではまた。


スポンサーサイト
2016年09月20日 (火) | Edit |
最後にブログ更新したのが3月。

今、9月下旬。

実に半年の放置。。。


「ブログどうなってるんですか?」
当ブログ愛読者の方から言われました。


昨年夏にマンション購入出来なくて、鬱っぽくなって、
そして今は少しずつではありますが、立ち直りつつあります。



おのれええええええええ
今に目にもの見せてやるわ。

などと、主人や義両親にこれっぽちも思っていませんわよ。

2016年03月17日 (木) | Edit |
前回のブログ更新からすでに1か月以上経ってました。。。

参加してるランキングサイトを久しぶりに覗いたら、
何故か1位になっていて、びっくり。
応援して下さった方、本当に有難うございます。
落ちっぱなしの日々の中、自分のブログがトップにあると
嬉しいものなんですね。

最後の更新が1月の終わりで、
義理父にあれやこれやと難癖つけられ、
ダンナに裏切られてマンション購入を断念したところまで書きました。

マンション購入手続きの予定日を
本当なら翌日に控えていた8月のある日、
私達はキャンセルの手続きに向かいました。

泣きはらした真っ赤な目に暗い表情の私を見た担当さんは、
何が起こったのか咄嗟に判ったのでしょう。
その後の担当さんの話は、私の頭の中には何も入ってきませんでした。

それからはずっとふさぎ込む毎日です。

マンション購入を諦める代わりに、今よりもいい賃貸物件に引っ越す。
家電製品の総買い替え(支払いは義理父とダンナ)というのが、
義理父から、私に突き付けられた妥協案だったのですが、
昨夏から半年以上経つのに、いまだ物件は見つかりません。
ついでに家電も買い替えてません。

そうこうしている間に、今の住まいの眼前には戸建が完成し、
新しい住人が引っ越して来ました。

朝、窓を開けて、山の向こうから見えるお日様に元気をもらっていたのが、
全く見えなくなりました。
空も少ししか見えません。
日も少ししか当たらなくなりました。
カーテンも開け放つ事ができません。

毎日毎日、欝々と考え込んでいます。
頑張らなければと、たまに気合を入れる日があるのですが
長続きせずに落ちたり上がったりの繰り返しをしています。


2016年01月22日 (金) | Edit |
深夜のメールに早朝の電話。
これらの非常識な行動は、
マンション購入を賛成していた義理父の、気が変わったことを明らかに示していました。

その日お昼から私達夫婦は主人の実家に出向いたのですが、
やはりと言うか、案の定でした。

それまでとは一転してマンション購入を反対するのは以下の理由。

・物件価格が高すぎる。
・借入額が多すぎる。
・こんなに借りたら破たんする。
・家を買う行為は、息子ちゃん(我がダンナ)の命をすり減らす行為だ。
・返済できなくなった時に、簡単に売却できるか判らない。
・行く末は競売にかけられて悲惨な未来が見える。
   (義理父は銀行員だったので、そういう人を沢山見ている)
・下の子が高校を卒業したら(6年後)ここに戻って来い。
・6年後には戻ってくるのだから、新居を購入する必要はない。

もう考えれば考えるほど、夜も眠れなくなったので何度もメールしたのだそうです。

禍根を残さないように、私の言い分にも耳を貸すとは言いつつも、
嫁の意見など、あって無いようなもので一蹴されてしまいました。

そんな時に主人は何をしてたかと言うと、


寝返りました。


後日、本人が言うには 「中立の立場に立った」 のだそうですが



そこは嫁側に立たなアカンやろ~~~~~~  
うきぃ~~~~~~~

完全なアウェイ。
主人に思いっきり裏切られる。
目の前にあった夢が、断たれてしまいました。

義理親側からは私が納得するように
様々な妥協案も提示されましたが、納得出来るはずもなく、
その夜は悔し涙が尽きることがありませんでした。



2016年01月20日 (水) | Edit |
昨年の夏、マンション購入に向けて我が家は大きな舵を切りました。
一番反対するであろう主人の親に購入の意思を伝え、
思いもがけず賛成してもらい、
これで懸案事項が無くなったと安心したその帰り道、
車、追突されました。。。。。。。 ウヘッ。

こんな時、どう思います?

①  追突されたのは良く無い事が起こる前触れ。
  マンション購入したら、きっと良く無い事が起こるよ。
  購入は見送った方がいい。

②  追突された事で悪運は尽きた。
   だからマンション購入はGOサイン。

とっさに私が思ったのは、残念ながら①の方。


ケガが無かったのは不幸中の幸いで、事後処理も滞りなく終わりました。
追突事故は結局のところ、杞憂に過ぎなかったと思ってました。

銀行の融資も決まり、入居は冬休み期間中に行う事も決定しました。
そして三日後には契約を控えたある早朝、
不幸の電話はやって来た。
義理父でした。

「マンション購入について、モノ申す。
 もう一度話し合いに来い!」    との事…

主人のスマホを見ると、深夜に何度も義理父からメールが入ってるし。

その日のお昼に再び主人の実家に向かう事になりました。
私の目の前には果てしない暗雲が立ち込めるのでした。